半田国際交流協会
Handa International Association


ホーム
上へ 

半田国際交流協会 

2018年度挨拶 会長 松石奉之

「地域の皆さんとともに」

半田国際交流協会 会長 松石奉之

5年前に2,526人であった半田市在住の外国人数は、今年3,698人と1,100人を超える大幅な増加となっており、過去最高となりました。日本の労働力人口の減少にともない、今後も在住外国人の人口が増加していくことが予測されております。

今後も増え続ける在住外国人の方々を、どのように地域に迎え入れ共生していくのかを、決めていかなければなりません。また、このような現状に対し、ボランティアをベースとした協会活動にも 、限界が見え始めております。

外国人を雇用する企業には、雇用する外国人の方々が単なる「労働者」としてではなく、「生活者」として、地域の皆さんと共生できるように、更なるご理解とご協力をいただければと思います。また、市民の皆さんにも、「半田市の国際化は行政が考えること」ではなく、一人一人が身近な問題として一緒に考えていただけましたら幸いです。

最後となりましたが、半田国際交流協会は、今年もより一層半田市の国際化や多文化共生に関する活動に努めて参ります。今後とも、当協会の活動に更なるご支援とご協力をお願い申し上げます。
 


質問、コメントはこちらまで、お寄せください。(ホームページ管理者)